最近の記事

カテゴリー

  • お酒
  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • ギャンブル
  • ゲーム
  • スポーツ
  • ニュース
  • ペット
  • 携帯・デジカメ
  • 旅行・地域
  • 音楽
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« 白い世界が色づくように | トップページ |   »

2018.02.14

 

 そんなこんなでティア123に行ってきました 今回は出発の数日前に飛行機が欠航になるというメールが届いたために 当日までどうするかなあ......ってなってたり


 準備は......ゆうてもせんせいに渡すお菓子だけ買ってあって でも買った後もこれでいいのかな ほかのお菓子の方が喜んでもらえるんじゃ......ってあれこれしばらく迷ってた 
 いろいろお菓子選んでて これおいしいって思って頂けるかなって考えながら買うのはすごくうれしくて ミユキくんもきっとこんな気持ちだったかな 大魔法使いさんにバレンタイン選んでるときこんな気持ちだったかな って聞いてみたくなっちゃいました 自分がうれしくなるのに だいすきなひとを巻き込んじゃいけないのですけど ね


 出発する日は 前日オリンピック観たい!っていうのもあり寝たような寝てないような 朝もそもそ起きて.....んーと.何すればいいかな ってまずは実家に行って車持ってこよう......うわ結構雪降ってるなあ......っていう朝でした

 車を持ってきて お手紙書くんだ!ってお手紙をもそもそ書きます......本当予め書いて準備しておけばって感じですけど でもティアの当日に書きたいんだ......ゆうてもせんせいのまんがは 自分のその日の気持ちによって感じ方が違ったりもするので その日の自分の気持ちを伝えたい......本当は 会えるんだから 言葉で 自分の口から伝えられたらって思うけど テンパってしまうのはわかりきってるので 予防線なのかもしれないけど おてがみ......お手紙だったら 持ってて頂けないかな っていうのも ほんとのきもち ことばだけでも そばにいられたら 読み返して頂けるようなお手紙が書けたらなあって思う


 あとラッピングがお手紙書かないとできないというのもあり......お菓子とお手紙入れてラッピング袋に入れるので


 お手紙を書き終えて かばんにあれこれ入れて出発できたのが6時15分くらいだったでしょうか 飛行機は8時ですからまあある程度余裕はあるはず......しかしこのお天気だからどうかな?

 高速道路に行くと 通行止めにはなっていない......けど 50キロ制限だ! みんなのんびり走ってるので 私ものんびり走らざるを得ない......むむむ


 空港に着いたのは7時10分ぐらい......ターミナルから遠い駐車場に停めれば安いけど 時間に余裕ないと落ち着かない小心者ですからターミナルの駐車場に停めて空港へ

 空港の保安検査場は案の定混んでる......これだけ混んでるのに2か所しか開けてないANAとAIR DOのやる気の無さが気になりますが いつも通り保安検査場は混んでいました 札幌は丁度雪まつりの開催中でしたので混んでても当然であります

 保安検査場を通過したのが7時40分ごろ 離陸20分前でしたからもう搭乗始まるぐらい......そそくさと搭乗して......時間になりましたけど まあ予想通り出発しません「本日は保安検査場の混雑のため~」 それがわかってるから早く来てるの!時間にルーズなのが多すぎです!そんなの置いてけ!っていうのが私の正直な気持ち......そのあたりはLCCの方が無慈悲でいいですよね 

 LCCって言おうとすると思わずLCLと言ってしまう私 ダミープラグに乗ってどこにいくのだお前は

 そんなこんなで離陸も着陸も30分遅れぐらいでした 着陸の瞬間爆睡してたので 着陸した衝撃で あああ~ どうした~ 墜落するのか~ ってびっくりしたのはひみつです


 空港からはいつも通りにリムジンバス乗ってビッグサイトへ 着いたのが10時50分ぐらい 開場には間に合った! 西ホール開催ということでいつもとは違う場所に待機列......ここは......どこだ......

 開場後はなんか不思議な感じ 会場に入って まずエスカレーター乗って降りて ゆうてもせんせいのところにいくんだ......!ってテクノストレスへ

 開場当初の1階はやや空いてる感 所謂壁サークルさんは大体4階だったので最初4階行った方多かったんじゃないかなあ......

 伺って 新刊買わせて頂いて よかった一番欲しい本が買えた~ って安心しながら これ差し入れです ってお菓子とお手紙渡して うん さしいれですよ? S.A.S.H.I.I.R.E. 三代目かよ とか思いながら渡せてよかった...... いつもありがとうございます って言って頂けたから ぼくのことちょっとぐらい覚えて頂けたりする かな あ ってちょっとうれしくなったり

 ほんとはバレンタインなんですよ って言いたかったけど そんなの嫌な思いさせちゃうから こんなに目の前にいらっしゃるのに 本当に久々にお会いできてうれしいのに でも きゅっとしまっておかなくちゃって


 サインお願いしていいですか?ってお願いして コミックス渡してお願いして......やっぱりかわいいなあ とか 久しぶりにお会いできてうれしいな お話しできたのうれしいな ってしあわせになりながらまず1階をまわって そのあと4階に行って4階まわって 

 西展示場初めてだったのですけど......個人的には好きですねこれ......机の配置も回ってて厳しくない(ひと区画が小さくて余裕を感じる)のと あと壁際に逃げる位置が多くていい......難はやっぱりまんべんなく回りにくいかも っていうところですね

 個人的に厳しかったのはやはり暖房......気温高いよね~ って思っていたので 会場内の至る所で 天井から熱風が!熱風が!! ああっ!シャッターが閉められている!! って思いながら会場を回っていました......本当この室温の中真冬の装いの関東民の人々はすごいぜ......(私会場着いてすぐコインロッカーに荷物入れて その時アウター脱いで(そのアウターですら札幌では秋物の服) 春物のうっすいアウターに着替えたのですけど それでも暑かった)


 ぐるぐるまわって 13時頃にもっかいゆうてもせんせいのところへ......結構人が多くて......あっお話してるからちょっと待とう......あっまた人が......っていうのがあって ちょっとうろうろしちゃいました

 サインをお願いするのは ゆうてもせんせいのイラストがかわいくて大好きだから描いて頂きたいというのもありますし あと なにより サインをお願いすることで もっかい会いに行けるから っていうのがあって そんな気持ちでごめんなさい って思うのですけど

 描いて頂いたサイン見せて頂いて すごくかわいいうれしい......!って思って あと ちょこっとお話をさせて頂いて......

 
 でも ああ やっぱりぼくってだめかな って 他の方みたいにゆうてもせんせい笑顔にできなくて ちょっと強張ったような表情にさせちゃってた やっぱり こんなきもちがあるから だいすきって想ってるから だめなのかな って

 頭のなかではなんて話そう っていろいろ考えてた 大阪に行って色紙見せて頂いてきました とか 今日百合好きくんのアクキーに一緒に来てもらったんですよ~ とか お手紙には書いたけどまんがの感想直接伝えられたら って思ってた 去年の5月は結構お話できた気がしたので

 でも うまくできなくて ゆうてもせんせいを笑顔にはできなくて あっ だめだ って思っちゃって


 髪もちょっと整髪料つけてセットしたり いろいろ ちょっとぐらい見た目だけでも って思ったけどだめなんだなあ......笑顔にできてた人たちはすごいなって思う

 ぼくもどうしたらいいかな 博士くんとほたるちゃんに教わりたいなあ 挨拶したいひとに笑顔になってもらうのにどうしたらいいかな って 博士くんやっぱり女神さんを笑顔にできるのすごいんだよ


 本当はごめんなさいっていうのも伝えたかった ティアに来る作家さんはみんなすごくて 頑張って作品作って下さって 交通費もかけて スペース代もかけて そして私たち読み手に作品を読ませて下さるんですよね それを簡単にお手伝いしますなんて言ってしまって 何を言ってるんだろう私って思う そんなことを言ってしまって本当に申し訳ありませんでした そう思ったけど そんなの面と向かって言われても 手紙に書かれても困ると思うので ずっとぼくの心の中に抱えておきたいと思います ごめんなさい


 そのあとは4階行って 佐倉さんが会場に丁度到着したくらいで佐倉さんのとこ行って 頂いたペーパー見たら3年ぶりのティアだったんだあ って スペースはあってもいらっしゃらないなあ......っていうのが続いてましたもんね

 佐倉さんは とらで委託されてた本を買って読ませて頂いて 感想のお手紙送って そしたらお返事頂いて ってそれからのおつきあい......その頃はまだお互い二十代だったのに......今では四十代っていう です ね 昔はSNSなんて無くって アナログなやりとりが普通な時代でありました


 むかしから おてがみかくの すきなんです よんでいただけると もっとうれしい 拙い文章ですけど


 佐倉さんにお会いして そのあとは会場を後に
 この時は日帰りでいっかあ......って うちひしがれていましたし ネットで飛行機の振り替えとホテルのキャンセルして よし鎌倉行こう!ってりんかい線に乗って大崎へ

 大崎に着いて......あっゆうてもせんせいのおっしゃってた通り......さいきっくおおさき......って思いながら乗り換えて鎌倉へ行きました


 鎌倉に行った目的は荏柄天神社へ行きたくて まんがのご利益がある神社ってついったとかで見ていたので......お参りして 絵馬を書いたりしてきました お礼参りに来る絵馬もあったのですけど ぼくのお願いは 数年後 十数年後 数十年後でないと叶ったかどうかがわからないお願いなので 普通の絵馬に書きました 叶うといいな(まんがについてのお願いをしました 私利私欲のためじゃないからいいですよね......叶ったらこれ以上ないぐらいうれしいお願いだから そういう意味では私利私欲かもしれないけど)

 でも この願いが叶ったかどうかは ぼくはわからないままなのかもしれないですね

 神社のホームページの地図がかなりアバウトな感じの地図だったので行けるのか心配でしたけど 迷わないで着いた(まあ途中から看板があったのでそれに助けられたのもあり)ので 結構やるじゃん俺 と思いながらとことこ歩いておりました 鎌倉駅からは結構歩くかも でも知らない道を歩きながらだから楽しかった 梅もちょっと咲いてましたし おさんぽわんこもいたし


 鎌倉はいろいろあって でっかいおせんべ売ってたり お饅頭売ってたり 焼きたて鳩サブレ売ってたり食べ歩き楽しそう~ みんな楽しそうに誰かと一緒にいろいろ食べ歩いてました......ひとりなのはぼくぐらいなんじゃないかな って あはは......さみしい


 鎌倉からは空港へ......行ったところ 振替した飛行機が1時間ぐらい遅延していて あー......なんか帰るの疲れちゃったしめんどい......振替手続したけど やっぱり最初メールが来た明日の便に再振替できないかな?ってAIR DOのカウンターに行ったらできるとのこと ホテルもまだ空室あるからもっかい予約入れて......行動力あるのかないのか我ながらよくわからん......

 ホテルに着いてからは おつかれさまでしたのリプライした後疲れて落ちてしまって その日のうちに感想書きたかったけど書けなくて こんなんじゃダメなのになって しょんぼりしたり ごめんなさい 

 本当ずるいと思う 自分が書いた感想すぐ読んでもらえなかったらぎゃーぎゃー言うくせに どれだけずるいんだろう 卑怯なんだろうって だからすきになってもらえないんだよ......


 そういえな去年も冬ティアの後その日のうちに感想めいたレビューみたいの書いて 次の日書き直したんでしたっけ あの時は見に来て頂けてたから 安心というか自惚れがあったんだろうな 今なんていつ見に来て頂けなくなっても不思議はないのに ごめんなさい


 そんなことを考えながら また眠っていました
 ぼくのリプライに頂けたリプはとってもやさしくて すごくうれしくって しあわせなきもちで眠ってた ぼくはこんなにずるいのに やさしいことばをもらってしまって......


 夜中に枕元に誰かいたような なんかスーツ姿で礼儀正しい人だったけど 夢なのか そうではない何かだったのかはわからず......怖いものではなかったように思います 
 
 
 翌日は当初の予定通り歌姫庭園に行って......すげえ......人口密度すげえ......って思いました ショタスクの比じゃないですね この人口密度のままビッグサイトに持ってくとコミケになるんだろうか......って思ったり 去年の秋からついったで見てたイベントでしか頒布しないっていう本を買えて 読んだらすっごくかわいい本でああ帰るの延ばして良かった~ って満足したのでした 歌姫庭園次回は5/4だというので......4日に東京来てティアとはしごするかなあ......と画策中

 人が多くってちょっと疲れつつも でもオンリーイベントってアットホームな感じがして楽しかった......チョコも飛び交ってましたし みんなおんなじものが好きなんだなあって感じました

 飛行機が13:50でしたので12:30頃には会場を後にしましたです  
 


 札幌に帰ってきてからは いつもどおりもやもやしたり だいすきなひとのことばっかり考えてて


 今日はバレンタインデーで バレンタインって言わなかったけど ゆうてもせんせいに渡したのはバレンタインで 今年もだいすきなひとに渡せたからうれしいな って思って でも きっとこんなことばっかり考えてるから話しかけてもあんな表情にさせちゃうんだよ って思う

 そんなことを考えると どんどんまた卑屈な考え方になってしまって もっとだめなのかも


 どんなにご迷惑でも だいすきな気持ちは無くすことはできなくて

 休憩中に お母さんさんの言葉聞かせてほしいなって お母さんさんが百合好き好きくんに言った言葉読み返して ぼくも ゆうてもせんせいのことを考えるように自分のことを考えちゃだめかなあ ぼくが相談したら お母さんさんなんて言うだろう どんな言葉かけてくれるだろう 

 帰ってきたら 白石くんこのあとなんて言われたかな どんな言葉が吉田さんから帰ってきたとしても ちゃんと想っていてほしい 気持ちが離れたら 諦めたらそれで終わっちゃうよ? ずれが大きいなら それは小さくできるかもしれないってことだから すきなら諦めないでほしい そのぐらいで無くなる気持ちじゃないなら ちゃんとすきなままでいてほしい


 そんなことを考えてしまって ゆうてもせんせいのまんがを通していろいろ考えてしまう 元気をもらってしまって それだけの力がゆうてもせんせいのまんがにはあって


 やっぱり少しでも近づきたい 今回笑顔にできなかったなら 今度会える時はちょっとぐらい笑顔にしたいって思う 他の人みたいに 他の人以上に笑顔を引き出すことができたら お菓子買う時もいっぱい考えてから買ったから おいしいって思ってもらえたらうれしいし お手紙も ひとことぐらいうれしく思って頂ける言葉を書けてたら嬉しいけど でも やっぱり会えるんだから 会えたんだから だいすきなひとの笑顔を引き出せるようなひとことが言えたらいいのになって思う

« 白い世界が色づくように | トップページ |   »